【完全予約制 予約は「お問い合わせページ」からお願いします。】
大阪市中央区西心斎橋1-9-28 リーストラクチャー西心斎橋ビル319 (交通アクセス

大阪 心斎橋の精神科 アウルクリニック

ベンゾジアゼピン系抗不安薬 ~ 不安、緊張、不眠などを改善する薬

不安、緊張、不眠などを改善する薬です。
デパス(田辺三菱製薬) 、セルシン(武田テバ薬品) 、ソラナックス(ファイザー) など、各社から様々な形状で発売されています。
短期の使用で高い効果を得られる一方、長期連用・大量使用による副作用も指摘されています。
医師による診療を受け、医師・薬剤師に指示された用法・用量を守って使用する事が重要です。
長期連用すると副作用が出やすくなるので、当院といたしましては、お薬を使わざるを得ない、患者様の辛い気持ちに寄添い、他の方法や原因となるストレスを一緒に探していけたらと考えています。


薬の効果と作用

ベンゾジアゼピンは、GABA(A)受容体における神経伝達物質のγ-アミノ酪酸(GABA)の作用を強めることで、脳の興奮などを抑えます。
これにより、不安、緊張、不眠などを改善します。


主な副作用や注意点・問題点

ベンゾジアゼピン系抗不安薬は脳内の活動を抑制させる薬です。
そのため、昼間の強い眠気など、人によっては強い副作用が出現することがあります。
他にも、ふらつき、頭痛、消化器症状 吐き気、食欲不振、口渇、便秘などが出現する場合があります。
また、大量使用や連用により「薬物依存」が形成されると、イライラが強まる、てんかん発作などの症状が出現することがあります。
肝機能低下など身体的問題がある場合や妊娠中には服用に関して慎重になる必要があります。
アルコール、胃薬、風邪薬と併用も避けてください。